lecture 講座『狛犬から眺めるアジアと日本』 第六回


明治大学リバティアカデミー講座

『狛犬から眺めるアジアと日本』

石の霊獣が結ぶ郷土の感性(その2)



第一回 第二回 第三回 第四回 第五回 第六回

第六回

知られざる台湾狛犬の世界



日本統治時代に台湾各地に建てられた狛犬たちを巡る数奇な運命と物語。


市来 訓子(いちき くにこ)



2018年7月23日
明治大学駿河台キャンパス


講座概要


画像
画像
画像



 昨年度に引き続き、この講座では、神社のわき役とみなされがちな狛犬を、一転日本とアジアを知るための主役に据えてみたいと思います。日本各地の狛犬研究家の方々をお招きして、江戸狛犬の実地探訪や知られざる地方の狛犬文化についての講義を通じ、日本の各地各様の個性ある狛犬のかたちやありかたを探りつつ、日本の狛犬をアジアのライオン像の展開という大きな流れのなかに位置づけて考えてみます。




関連

明治大學リバティアカデミー
https://academy.meiji.jp/

18120029 狛犬から眺めるアジアと日本
石の霊獣が結ぶ郷土の感性(その2)
https://academy.meiji.jp/course/detail/4094/

lecture 講座『狛犬から眺める日本とアジア』 第一回
http://aunkomainu2.at.webry.info/201704/article_6.html









画像
挨拶


画像
講師 市来訓子先生


画像
講義


画像
Q and A


画像
議論


画像
新マスコット メイジロウ君


画像
懇親会


画像
記念撮影


画像
補講を終えキャンパス前を通過



第一回 第二回 第三回 第四回 第五回 第六回

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック