Saba Shrine 左馬社 <横浜市瀬谷区橋戸>


横浜の神社探訪で、瀬谷区橋戸の左馬社を訪れた。狛犬(昭和54年)一対鎮座。

境内では氏子さんたちがゲートボール中。


2018年10月22日
横浜市瀬谷区橋戸3ー20ー1



  左馬社と梵鐘

 その昔、境川流域の村では、疫病が流行すると境川の東西に点在する神社をまわり、厄除けをする民俗信仰が盛んでした。(七サバ参り)
 当左馬社は、「七サバ神社」と呼ばれるうちの一つであり、祭神は左馬頭(さばのかみ)源義朝です。
 隣接の真言宗西福寺が、この左馬社の別当職であったので、当時の神仏混淆の姿が今日に残り、神社の境内にある釣鐘は区内唯一のもので、厄除け、虫除けに鐘をついて祈願したとのことです。
 梵鐘は江戸時代の文久元年(1861年)に鋳造されましたが、太平洋戦争の際供出したため、昭和32年(1957年)氏子の協力によって新たに現在の鐘がつくられました。

 平成10年3月  瀬谷区役所



横浜神社探訪記録

神社数287社、探訪数267社、未訪数20社、探訪率93.0%


関連

Visiting Shrines in Yokohama 横浜市戸塚区、栄区の神社巡り
https://aunkomainu3.at.webry.info/201810/article_73.html

横浜の神社 瀬谷区
https://aunkomainu3.at.webry.info/201807/article_34.html









画像



画像



画像
広い境内では、氏子さんたちがゲートボールを楽しんでいる。


画像
社殿


画像



画像



画像
社殿扁額「左馬神社」


狛犬


画像
阿形


画像



画像
昭和五拾四年八月吉日


画像
吽形


画像



画像
氏子中


画像
社殿からの眺め


画像
境内社(瀬谷天満宮など)


画像
掲示「左馬社と梵鐘」


画像
梵鐘


"Saba Shrine 左馬社 <横浜市瀬谷区橋戸>" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント